フリーランスエンジニアの仕事内容

IT系フリーランスエンジニアの仕事内容は、具体的な契約内容によって変化するため、一概に断定することは難しい。それに加えて、仕事場や収入といった詳細によっても異なるため、おおよその傾向と自分のライフスタイルや希望に添った仕事を選択すると良いだろう。例えば、一般の企業に勤めているのと変わらず「客先常駐で時間を定めた上で仕事を遂行する」といった場合は、仕事場所が固定される、すなわち現場作業や顧客説明などが度々求められる仕事内容であることが多い。

反対に開発業務などであれば、納期までに決められた成果物を作り上げることが第一目標のため、在宅や外出先などで自由に仕事に取り組める傾向にある。他のメンバーと顔を合わせるのは、定期的な打ち合わせのタイミングだけとなることもあって、こちらは非常に時間の融通が利く働き方だと言える。この二つのどちらがより高い収入が得られる働き方かと言う点については、やはり傾向による比較は難しく、そこで求められているスキルや仕事の難度によって異なってくる。

他に頼める人がいないような難しい仕事であれば高単価になり、ある程度、他の人材でも補てんできるような内容であれば単価は低くなるだろう。むしろ、「一人で時間を決めて仕事に取り組む方が、自分の好みである」あるいは「小さな子のいる自宅では仕事に落ち着いて取り組めないので、常駐を希望する」といった自分の好みなどに合わせて、詳細を決めていく方が良いだろう。