フリーランサーはすべてが自己責任

フリーランスエンジニアは、個人の努力次第で収入がどこまででも伸ばせる点にやりがいがある。会社員の場合は、仕事を成功させて会社に数億円の利益を与えたとしても、それが即収入に反映されるとは限らない。利益は会社の内部留保に回されて、社員本人には多少のボーナスが出るだけというケースがほとんどなのだ。そして順調に出世をして役員になったとしても、年収額は最高でも二千万円以下なのが普通である。リスクも少ないが、代わりにリターンが削られているわけだ。

フリーランスエンジニアは、このリスクとリターンのストッパーを外した状態で仕事をすることになるので、成功をしたときにはその分の利益をほぼすべて自分のものとすることができる。失敗も成功もすべて自分の責任になって言い訳ができなくなるので、その点でやりがいは強い。また、仕事や仕事場を自分で好きに選んで行ける点も魅力的だ。会社員時代には上から与えられる仕事をするしかなかった人も、フリーランスエンジニアとしてなら世界に影響を与える仕事が選べるようになる。

たとえば世界的に大ヒットをするゲーム作品を作ることもできるし、今までになかったビジネスツールを作って人の役に立つこともできる。可能性に満ちあふれているので、工夫や努力が得意だという人なら挑戦をしてみるのもいい。最近では大学を卒業してすぐにフリーランスになる人も多く、IT業界では特に珍しくもないワークスタイルとなっている。